1 2 3 4 5 6 7 27


1月 13 2014

CF4 アコード ラジエ-ター交換

ラジエーターのアッパータンクのカシメ部分からの漏れがひどくなってきたので交換した。

 

リビルド品をネットで購入し、交換後に古いのを送り返すシステムでした。

 

 

12月 13 2013

AF30 タクト 大型プーリー投入

まずはノーマルプーリー。
IMG_1691

リード用
IMG_1692

でかいです(最高速アップのためにプーリーのセンターを削っています)

ベルトが当たらないようにセルギアの所を削っていたのですが、あまりにもギリギリなのでもう少し削り完成。

前回トルクカムのグリスアップをしたときに、センスプを3%UPからToday用の最弱バネへ変更していたのでWRは5.5gをセットしてみた。

「メモ」
ボス長:33.2mm

ボス突出し長
ノーマル:6.9mm
旧   :11.85mm
新   :12.15mm

 

12月 07 2013

AF30 タクト トルクカムメンテ

今回は何となく思いついたトルクカムの掃除です。

ちょいちょいとばらし、古いグリスをパーツクリーナーで洗い流し綺麗にします。

手がものすごく冷たいがすべてのグリスを洗い流す、そして新しいグリスを充填する。

前回はモリブデングリスを使用したが、今回はウレアグリスにしました。

別にモリブデングリスでも良いのだが真っ黒なので劣化具合が全く分からないのでウレアグリスにしてみました。

ちなみにモリブデングリスを高速回転する部分に使用するとモリブデンが研磨剤になるなんて嘘を書いているサイトがあるようですが、モリブデン自体は柔らかく金属表面を保護するために使用されていますので問題ないはずです。

車のドライブシャフトに使われているモリブデングリスを洗い流すと綺麗なピッカピッカの金属面が出てきますのでモリブデンが傷を付けるなんてあり得ないでしょう。

今回トルクカム周りを掃除してみてどこにも傷が無いことも確認しましたので間違いは無いと思います。

でっ話がそれてしまったので元に戻します。

せっかく駆動系をばらしたのでベルトやプーリーなどのチェック。

ベルトを確認すると内側の方に糸が出ている所が1カ所あり、その他痛みが内側だけが激しいようだ。
IMG_1690
これは適当にプーリーを削り角度が変わってしまったのが原因だ。
なので元の角度に少しでも近づけようと前に作ったプーリー加工用治具で再調整。

IMG_1685

あちゃ~、削りすぎてしまいました。

 

仕方ないのでNewアイテム投入です。
今回はスマートディオ Z4(AF63)やリード50(AF48)用の95mm大系プーリーです。
ノーマルはたぶん89mmなので6mm大きいだけなので何とかなるはずです。

早速治具にてプーリーセンターを削りました。(今回はプーリーの角度を変更しないでセンターのみ削りました)
IMG_1686

後はベルトが外側まで行っているか確認しながら削ることとします。

大きさの比較
IMG_1687

かなり大きいです、ケースに当たらないといいのですが。

取り付けはまた今度。

 

10月 20 2013

WebDAVの設定(とりあえず編)

WebDAVを使ってみたかったのでセキュリティー無しで設定。

 

/etc/httpd/conf.d/webdav.confを作成。
このフォルダ内の.confはhttpd.confにincludeされる様になっている。

#
# This is to permit URL access to WebDav.
#
Alias /webdav/ "/var/www/html/webdav/"

DAVMinTimeout 600

DAV On
Order deny,allow
Deny from all
Allow from all

– WebDAVで使用するディレクトリを新規作成 –
/var/www/html/webdav
chownでapache.apacheへ変更

apacheを再起動

ブラウザで接続確認。

あれ?Forbiddenだ、???

パーミッションを777にしたり、いろいろ試したがダメ。
グーグル先生に聞いて。

webdav.conf内のDAV Onの下にOptions Indexesを追加したらブラウザで参照できるようになった、ついでに.htaccessで設定変更できないように変更。

#
# This is to permit URL access to WebDav.
#
Alias /webdav/ "/var/www/html/webdav/"

DAVMinTimeout 600

DAV On
AllowOverride None     設定変更不可
Options Indexes        ディレクトリ内の一覧を表示する
Order deny,allow
Deny from all
Allow from all

最終確認の為にdddavをダウンロードして書き込みの確認。

あれ?書き込めない、なぜ???

apacheのログを見ると

"PUT /webdav/readme.txt HTTP/1.1" 500 534 "-" "dddav 1.3.0.0 neon/0.29.6"

500の内部エラーが出ている。

エラーログを調べてみると

The locks could not be queried for verification against a possible "If:" header.  [500, #0]
Could not open the lock database.  [500, #400]
(13)Permission denied: Could not open property database.  [500, #1]

lock database・Permission denied、ってキーワードからロックファイルが書き込めないって事だろう?

ちょっとグーグル先生に聞いてみよう。

そうすると「DavLockDBを/tmp/DavLockに変えてやる」て書いてあるのを発見、早速変更しapacheを再起動。

書き込み成功!!!

しかしDavLockDBをtmpディレクトリに変更するのはちょっと違うのではないのか?

書き込めないから書き込める所へ変更、しかもtmpディレクトリ?

気にくわないので、設定を元に戻しapacheを再起動。

書き込めなかったロックディレクトリのパーミッションを変更。
# chmod 755 /var/lib/dav 失敗、書き込めず。

なのでフルアクセスに変更。
# chmod 777 /var/lib/dav 成功!!!

やっとうまく行きました、あとはセキュリティー設定。

今回はここまで。

10月 12 2013

AF30 タクト エアクリダクト追加

高回転のパワーが無いのでエアクリダクトを後1本追加してみました。

前回よりたった3cc排気量が上がっただけなのに。

ダクト1本追加でパワーが若干上がりました、さらにアイドリング付近のかぶりまで解消されました、一石二鳥です。

一番右側を追加しました。
IMG_1689

IMG_1688

しかし、ちょっとうるさいバイクになってしまいました。

9月 23 2013

水道管から漏水したので修理してみた。

水道局の検針で使用水量が増えているとのことで、お知らせの紙がポストに入っていました。
いつもの使用量よりより5m³ほど使用量が増えているとのことです。
メーターを確認すると水を使っていないのにパイロットが回転していました。

ということで漏水調査開始です。

  1. 家中の蛇口などを締める(洗濯機・トイレ・食洗機・ボイラー)
    これで機器内部の水漏れがあれば分かる。
  2. 床下の配管確認。
    床下に潜ったが配管は土の中でした、とりあえず露出している配管のみ周りが濡れていないかライトで照らして確認すると問題なし。
    土中配管はたぶんこの辺を通っているだろうと言う想像の元に湿っている部分を探したがどこをどう見ても乾燥している。
  3. 後は外の水道1カ所地面が湿っているような?、元々そんなような地面の色なのか分からない部分があった。
    丁度その部分は雨水や手洗いの排水管の継ぎ目部分なのでそこから滲んでいる可能性もあると思った。

場所から言って排水管の下の方に水道管が通っていてもおかしくない場所なので元栓を開けて掘ってみることにした。

水道管発見、地上から約30㎝の深さ。
IMG_1658
手前の管が排水管、奥の細いのが水道管です、元栓を閉めずに穴を掘ったので土の水分量が増えていくのでこの辺りだと言うことはすぐに分かりました。

それではひび割れている部分を。
水が噴き出している。
思いっきり水漏れしています、もっと多く漏れていれば早く分かったかもしれません、この少量の漏れが発見を遅れさせたのでしょう。

さて、場所の特定が出来たので作業スペースを拡大します。
IMG_1661
作業しやすいように写真右側のエルボ部分まで掘りました。

作業しやすくなった所で普通の木工用のこぎりで配管カット。
配管カット

継ぎ手を差し込んで修理完了。
修理完了

 

今回使ったVP管は内径16mm外径22mmでした、危なく内径13mmを買いそうになりました。

作業のコツ(メモ)

  1. 作業スペースはなるべく広く。
  2. VP管にマジックで最大挿入位置に印をつけておく。
  3. 1個目の継ぎ手より2個目の継ぎ手が入りにくい、写真の方向から作業したのが間違いだった、右の継ぎ手の差し込み量が少し少ない、写真右側から水道管を縦方向からの方が力が入れやすい。(これでも水漏れ無し、この状態で丸1日放置し確認)

VP管について。

  • グレーのVP管より紺色のHIVP管の方が強い、今回は近所のホームセンターで揃えたがHIVP管は売っていてもその接着剤が売っていなかったのでグレーのVP管で修理した。
  • 継ぎ手からの漏れだったので本当はそこだけでもHIVP継ぎ手を使用したかった。
  • 塩ビ管は面取すること。

購入価格

  • 接着剤 ¥238
  • 塩ビ管 ¥175
  • TS継手¥33 × 2

合計 ¥479

塩ビ管(VP) ソケット 接着剤

 

出来ればこっちのHIVP(耐衝撃性硬質塩化ビニル管)がベスト。

塩ビ管(HIVP) ソケット HIVP接着剤

 

こんな継手を使えば接着剤いらず、レンチで締めるだけ、安価で楽ちん。

MCユニオン MCスーパーユニオンN

9月 04 2013

docomoの迷惑メール(ドメイン指定受信をしていても迷惑メールが届く)

最近下記3っつのドメインより迷惑メールが送られてくる、ドメイン指定受信にしているのになぜか送られてくる。

hijfnaver.jp
giymnaver.jp
auxsnaver.jp

メール本文中にはckiwnaver.jpというドメインも存在する。

これらの共通点はnaver.jpだ。

なぜこんな事になるのか?

いろいろ調べてみると、どうもdocomoの仕様では標準でワイルドカード指定になっているようだ。
要するにドメイン指定でnaver.jpとした場合*naver.jpと同じらしい。
ではワイルドカード無しのドメイン指定は。

@naver.jpと入力すれば良い。

@はドメインでは無いのだが、現状こうするしか無いようだ。

なぜdocomoはこんな余計なお節介をしたのだろうか、一般のPC等と同じ仕様にして欲しいものだ。

 

ついでなので、迷惑メールを送ってきたドメインをhijfnaver.jpからwhoisで調べてみよう。
あれ?普通に個人名での登録だ、徳島県の郷田 智子で登録されている。
どういう事だろうか?

次にgiymnaver.jpだ。
なぜか該当データ無しと出てくる、メール配信停止用がkyohi@giymnaver.jpなのでこのドメインは生きているはずなのだが?
念のためお名前.comでこのドメインが空きなのか調べてみると空いている、登録可能だ。

ではその次auxsnaver.jp
これは代理公開になっているので福岡のムームードメインのデータが記載されている。

最後にckiwnaver.jp
これも代理公開になっているので福岡のムームードメインのデータが記載されている。

う~ん、結局何も分からない。

8月 15 2013

巨峰

そろそろ収穫開始です。

IMG_1642

IMG_1644

年に3・4回スミチオン・マラソン混合剤の散布のみ、肥料も必要ありません、水のみあげていればOKです、これだけで美味しい葡萄が食べられます。
2~3年で実がなり始めます、ただ鳥に注意です、それだけ気をつけましょう。

 

巨峰 特等苗 ピオーネ 特等苗 ナイアガラ 特等苗

 

藤稔 甲斐路 ブドウ NHK趣味の園芸
よくわかる栽培12か月

 

8月 10 2013

AF30 タクト 駆動系冷却

駆動系の熱だれが結構ヒドいので、冷却用の穴を開けてみました。

 

6月 01 2013

最近googleを使っていると勝手に文字が二重に入力されてしまう件。

最近googleを使っていると勝手に確定され、文字が二重に入力されてしまう現象が発生しています。
google入力1
「にほんごにゅうりょく」と打ち込んだら上の画像のようになりました。
次に「ぐーぐる」と入力すると下記画像のようになります。
検索結果は最上位にgoogleが表示されていますがケースバイケースで二重に入力された内容で検索される場合もあるのでぜひ修正してもらいたいものです。

google入力2

この現象はgoogle+Firefoxだけこの様な状況になるようです。
OSは関係なくWinXP・Vista・8で同じ現象を確認しましたのでgoogleが対策を講じるのが一番の早道だと思うのですが…。

とりあえず、インスタント検索を無効にすると上記現象は回避できます。
https://support.google.com/websearch/answer/186610?hl=ja&ref_topic=…

googleインスタント

上の画像のように「インスタント検索の結果は表示しない。」を選択し保存で完了。

 

Alibi3col theme by Themocracy