1 2 3 4 5 6 27


3月 14 2017

JF06 リード100 いろいろ購入

風防
リード125用です、新しい車種用の方が綺麗だろうと思いオクにて。
風防

ステーなど削ってリード100に合うようにし、装着。
コンパウンドで磨き上げているので写真写りが良くないです。

純正部品

リード純正ミラー R ¥1,672
リード純正ミラー L ¥1,672
ホンダ純正レバー L ¥1,135
ホンダ純正 プロテクターB マフラー ¥1,290
小計 ¥5,769

ミラーは錆でボロボロだったので購入、あえて高い純正にしました。
左レバーは転倒で先っぽが削れて曲がっていたので購入。
マフラーのプラの部分も傷だらけだったので購入、その他の部分後日塗装します。

う~ん、純正品は高いな~。

 

2月 25 2017

JF06 リード100

ポチってしまいました。

 

ボロです、左側へ思いっきり転倒してます、傷に割れレバー曲がりがあります。
他にも傷多数です、しかしエンジンはセル一発でした。
ビビリ音はものすごいですが………。

自賠責が10月までのを無料で付けてくれ、更に自宅まで無料配送してくださいました。

出品情報
①始動はセルにて問題無くできました。
②ローラー、Vベルトは1年前交換後走行1000㎞以下
③純正ミラー左右あります。
④社外シート表皮張替後1年程度破れ無し
⑤タイヤ溝残り前後5部程度
⑥外装パーツに転倒キズあり
⑦サイドスタンド1年前新品取付
⑧鍵が交換履歴があるのか、統一されていない。
⑨走行距離は7120㎞ですが不明との事です。
⑩必要でしたら残り半年程度の自賠責もお付けできます。

とのことでした、持ち主は1年ほど前にバイク屋にて購入したらしいそうなので、パパッといろんなところを見た感じではきちんと整備された車両を購入してるっぽいです。(ミッションオイルなんて全く汚れていない)
さてどのように料理しようかな。

 

 

PS.リード125用の綺麗な風防先に買っちゃった。

1月 30 2017

AF30 タクト セルモーター交換

ボアアップしている為セルを回しきれません。
そこで登場するのが
セルモーター

強化ブラックセルモーターです。

取付は、ボアアップしている人ならば説明不要でしょう、メットイン外せば見えていますからね。

取り付け後は通常の車両と一緒で「きゅるる」で始動出来ました。

1月 30 2017

AF30 タクト リアサス交換

速度を出すとフワフワしてなんとなく気持ち悪かったのでNewサスに、交換。

オクで100円で落札したアドレスV100のサスともおさらばです。

今回は新品です、

言わずと知れたYSSのサスです。

コの字部分はオフセットされていません、完全なる汎用品です。

ミシュランS1の場合はプリロード最弱ではタイヤと干渉します、プリロード3/5ではギリギリ当たりません、ここらはタイヤによって変わってくるでしょう。

乗った時の感想ですが、最弱ではノーマルっぽい感じで乗り心地満点です。
真ん中ではスポーツサスっぽく、最強にしたときはかなり硬めのサスって感じです。
ダンパーはあまり効いてる感じはなく、最弱をベースにしているようです。

1月 10 2017

AF30 タクト ウェーブディスク化

ディスクブレーキ化したのは良いがブレーキジャダーが発生

ってなことで

厚さ5mmのフローティングウェーブディスクです、これでばっちり。

11月 06 2016

AF30 タクト ディスク化

前からディスク化したいと思っていたがライブの金サスは高い!
安く買えたとしてもフォークのオーバーホールなんてめんどい。

で、AF51 タクトのフロント周りを物色、ポチりました。

全体

ディスクのアップ

コンビブレーキ仕様です、この形式のサスは乗り心地がいいのが特徴です、更にメカニカル・アンチノースダイブ付き?

峠を攻めるわけではないのでテレスコピックの金サスより良かったのかもしれない。

しかしさすがオク、説明にない不具合が・・・。

1.上の写真のディスクに大きな筋が見えるが、この傷えぐれてました、使えないので別途調達決定。

2.ある程度組み上がりミラーを取り付けようとしたら右側のミラーがゆるゆるです、ネジ穴が大きいのです。
10mmのボルトを試しに差し込もうとしたが入らない、中途半端にネジ穴が拡大している。
10mmP1.25のタップを購入してネジ穴作成、10mm・8mm変換アダプターで元のミラー取り付け完了。

大きな不具合は上記2点だけでした。

ハンドル部分はハンドルロックの関係で元のをそのまま使用。

コンビブレーキはパーキングブレーキが使いにくかったので元のリアブレーキへ戻しました、マスターシリンダー側は不要な部品を撤去。

ブレーキパッドは「YAMASIDA New SX」をチョイス。
img_00003

ほぼポン付けなので出来上がり。

ちなみにこのタイヤ、DUNLOP D307でした、まだ少し溝が残っているのでしばらくこれで走ってみたいと思います。

10月 15 2016

AF30 タクト ハイギア投入

今まではZX用のギアでプチハイギアでしたが今回本格的なハイギアを投入しました。

ハイギア

赤丸が今回変更したギアです。
カウンターギアは薄い方の8mmなのですがカウンターシャフトは10mm用でしたので2mmのワッシャーで調整。
ファイナルギアは圧入してあったので近所の修理工場で入れ替えしてもらいました。

ギアの名称

ガスケット装着

自作のガスケットを装着しました。

1次側はZX用の12×42、2次側は16×42:2次・総減速比は8.279
ZXは13×41×13×45:2次・総減速比は10.912
ノーマルは12×42×13×45:2次・総減速比は12.114

DIO ZXの場合ノーマルギア=10.912 ハイギア(16*42)=8.279
プーリー最大変速比が0.86だった場合、最終減速比はノーマル=9,384 ハイギア=7,120になります。
理論上ですが同じ回転数で最高速が約24%上がると言うことになります。

 

9月 15 2016

AF30 タクト マフラー交換

最近高回転のパワーがない、ちょっとマフラーを交換してみました。

横から

メッキなのが気に入らないのですがボアアップ対応で価格が安いのは多分これだけ?

8月 17 2014

Fit3 フォグランプ取り付け

今まで乗ってきた車はすべてフォグランプ付でした、しかし今回のFit3は装着しませんでした。

理由は試乗車がLEDフォグで脇を照らしている感が全く無くHONDAの設計を疑ったためです。

しかし、我が家のFit3はLEDヘッドライトなので脇は暗いし上部へ光を漏らさない設計の為に青い行き先看板に光が当たらずに見えません。

LEDフォグでなくハロゲンのフォグなら周囲も多少は照らすのかと思い画像検索してみましたが、結果分からずでした。

そんなときにオクでN-BOX新車外しのフォグが出品されていたので¥3,600で落札。

最近のホンダ車用の汎用フォグなのでフィットにもそのままで取り付けOKです。

取り付けに必要なパーツのみディーラーに注文し、取り付けを行いました。

取り付けはこちらを参考にしました。

 

 

8月 16 2014

Fit3 エンジンオイルの上抜き交換

手動式のオイルチェンジャーを購入したので交換してみました。

走行距離 3,750kmで、初交換です。

抜いたオイルを見るとやはり真っ黒です、新車は1,000kmで交換すべきでした、その後は 3,000km超えたら交換がBESTでしょう。

最近は 1,000kmでの交換はしない、その後は5,000kmや10,000kmでの交換で良い等といわれているがなぜそんなことがまかり通るのだろうか?

低粘度のオイルなのだから昔より厳しいオイル管理が必要なはずだ、今後我が家では訳の分からない噂に惑わされず 3,000km超えたら交換するようにしたいと思っている。

さて、タイトルの上抜きですが非常に楽です、ホースをオイルゲージの穴に差込み、ポンピングするだけです、吸出しが弱くなったらポンピング、これを3回ほど繰り返すと空気が入って来るので終了です。

約3.5Lほど抜けたので同じくらいの新しいオイルを入れて完了です、楽チン楽チン。

Alibi3col theme by Themocracy