Posts tagged: Dio

1月 30 2017

AF30 タクト リアサス交換

速度を出すとフワフワしてなんとなく気持ち悪かったのでNewサスに、交換。

オクで100円で落札したアドレスV100のサスともおさらばです。

今回は新品です、

言わずと知れたYSSのサスです。

コの字部分はオフセットされていません、完全なる汎用品です。

ミシュランS1の場合はプリロード最弱ではタイヤと干渉します、プリロード3/5ではギリギリ当たりません、ここらはタイヤによって変わってくるでしょう。

乗った時の感想ですが、最弱ではノーマルっぽい感じで乗り心地満点です。
真ん中ではスポーツサスっぽく、最強にしたときはかなり硬めのサスって感じです。
ダンパーはあまり効いてる感じはなく、最弱をベースにしているようです。

3月 26 2012

AF30 タクト Vベルト交換

試しに台湾製のTHREE FIVE AUTO BELTと書いてあるVベルトを付けてみたのですがこれが最悪、走り出すとジャダーがものすごく車体が揺れるほどひどい。

ある程度速度が載ればジャダーは出ないのでしばらくこのまま走ってみた、でも駆動系に悪そうだ。

しかし装着2日目にしてプッツンしてくれました、帰宅中なおかつ比較的自宅そばだったので良かったが遠いところだったら…。

とりあえず純正ベルトに戻しいつでも走れる様にしておき新しいベルトを買いに走りました。

Vベルト

ALBA製 グロンドマン[massimo]国産ドライブVベルト

 

今回はAF28 スーパーDio ZX用、国産の太ベルトにしてみました、トルクカムはToday(AF61)用の大径トルクカムを入れているのでドリブン側の落とし込みはばっちり、でもプーリー側はそのまま、とりあえずこのまま取り付け。

乗ってみると意外に普通に走りました、変なジャダーもなく、快適です、純正と遜色有りませんでした、ただプーリー側は落とし込めていないはずなのですが普通に加速出来ています、大径トルクカムの恩恵でしょうか?

後心配な事は太ベルトになった事でベルトがクランクケースに当たってしまうのでクランクケースを削っては様子見、削っては様子見を繰り返すしかなさそうです。

最高速トライアルが残ってはいますがそれはまた今度。
やっぱりMADE IN JAPANは安心感があっていいです。

 

1月 13 2012

AF30 タクト センタースプリング交換

以前のピストン穴空いちゃった事件の後から40km/hの谷がすごくなってきた。
それまでは50km/h以下ならアクセルONでキックダウンしていたのに。

なのでトルクカム周りの分解掃除とセンタースプリング交換。

今回使った激安センタースプリング

ついでにキックダウンしやすい様にトルクカムを加工しました。
への字を少しだけなだらかにしました、どのヤスリで削ろうかと思いましたが、とりあえず普通のヤスリで削ってみましたが意外に簡単に削れました。
分解したときにグリスがほとんど無かったので溝が摩耗していました、それが原因で削りやすかったのでしょう。
組み付け時にはたっぷりグリスを封入して組み付けました。
グリスは何を使おうか迷いましたがゴムシールを侵さず耐熱性のあるモリブデンブレーキラバーグリスを使用しました、本来の使用目的とは違うかもしれませんがゴムシールを侵さないのと耐熱、この条件で考えれば最適かと。

 

結果、加速時の谷は無くなり、キックダウンも良好。

 

Alibi3col theme by Themocracy