Posts tagged: CentOs6

12月 20 2012

CentOS6、GUIモードでログイン出来なくなった。

最近PulseAudioがらみのログが毎日大量に記録されている事に気付いた。

Dec 20 16:25:49 svr01 pulseaudio[16537]: core-util.c: Home directory /home/xxxxx not ours.

Dec 20 16:25:49 svr01 pulseaudio[16537]: lock-autospawn.c: autospawn ロックにアクセスできません

Dec 20 16:25:49 svr01 pulseaudio[16537]: main.c: Failed to acquire autospawn lock

上記のエラーが延々と大量にロギングされている。

サーバーなので音声は必要ないので「ソフトウェアの追加/削除」からPulseAudioと名の付く物すべてを削除した、追加で関連のファイルも大量に表示されたのだが確認するのが面倒だったのでそのまま削除。

再起動するとCentOsのロゴで止まっている、良かったテストマシンで。

修復法

起動画面(カウントダウン)でe・e・↓・e・[スペース]singleと入力、bと入力でsingleモードで起動する
vi /etc/inittab[Enter]
id:5:initdefault: の 5を3へ変更wqでviを終了。
reboot[Enter]
CUIモードで起動するので”X Window System” “GNOME Desktop Environment” “Desktop”の3つをインストールする。

yum groupinstall "X Window System" "GNOME Desktop Environment" "Desktop"

インストールが完了したらinittabを元の5へもどし、reboot

Firefoxや日本語入力のIBus等いくつかが消えていたりするので「ソフトウェアの追加/削除」から足りない物を再インストール。

これでまたGUI出来ます、ただ残念な事に必要のないPulseAudioがまたインストールされちゃっています。

あとFirefoxが英語になっています。

上記からアドオンをダウンロードし「Allow」ボタンをクリックしてインストール。

1月 08 2012

CentOs6で初めてのSAMBA3.5

LinkStatonの調子が悪いのでファイルサーバーを動かしてみようと思い苦労した点を備忘録として残します。

smb.confをgoogle先生に習って編集、SAMBA起動==>アクセスできず

さらに調査し.confをいろいろい設定してみたがNG

その時こんな記事を見つけたsmbdとnmbdはワンセット

なんとSAMBAを起動してもnmbdは自動起動されないのである、なぜ新しいバージョンでこの様になったのかは不明だが/etc/rc.d/init.d/smbに起動や再起動等のスクリプト?の様なものが書いてあったのでこれを修正すればよいのかもしれない。

意図的なものなのか単なるバグなのか分からないが全く迷惑だ、自動起動するように戻してほしいものだ。

nmbd起動すると周りのPCからファイルサーバーのアイコンが出るようになった。

次に公開するフォルダの所有権を変更し完了。

 

Alibi3col theme by Themocracy