11月 06 2016

AF30 タクト ディスク化

前からディスク化したいと思っていたがライブの金サスは高い!
安く買えたとしてもフォークのオーバーホールなんてめんどい。

で、AF51 タクトのフロント周りを物色、ポチりました。

全体

ディスクのアップ

コンビブレーキ仕様です、この形式のサスは乗り心地がいいのが特徴です、更にメカニカル・アンチノースダイブ付き?

峠を攻めるわけではないのでテレスコピックの金サスより良かったのかもしれない。

しかしさすがオク、説明にない不具合が・・・。

1.上の写真のディスクに大きな筋が見えるが、この傷えぐれてました、使えないので別途調達決定。

2.ある程度組み上がりミラーを取り付けようとしたら右側のミラーがゆるゆるです、ネジ穴が大きいのです。
10mmのボルトを試しに差し込もうとしたが入らない、中途半端にネジ穴が拡大している。
10mmP1.25のタップを購入してネジ穴作成、10mm・8mm変換アダプターで元のミラー取り付け完了。

大きな不具合は上記2点だけでした。

ハンドル部分はハンドルロックの関係で元のをそのまま使用。

コンビブレーキはパーキングブレーキが使いにくかったので元のリアブレーキへ戻しました、マスターシリンダー側は不要な部品を撤去。

ブレーキパッドは「YAMASIDA New SX」をチョイス。
img_00003

ほぼポン付けなので出来上がり。

ちなみにこのタイヤ、DUNLOP D307でした、まだ少し溝が残っているのでしばらくこれで走ってみたいと思います。

Alibi3col theme by Themocracy