10月 25 2012

AF30 タクト 圧縮圧力

前回のボアアップ時に圧縮を計るのを忘れてしまった。

セルでの掛かりが悪くキックも重いので何となく圧縮が高いかな~と思っていたので本日計測。

12k

約12kg/cm2もあった、ちょっと高すぎ、ヘッドガスケット1枚追加決定。

現在49mmボアだが手持ちが48mm用しか無かったので、それを追加装着しました。

10k

約10kg/cm2でした、数値だけならばこんなもんでOKですが、なんとなくキックが重いような気がするので、さらに下げてもいいかも。
なにせ安物のコンプレッションテスターなので、自分の感覚を信用します。

でも手持ちのガスケットが無いので今回はこのまま。

 

 

10月 17 2012

AF30 タクト キャブMJ交換

78ccへボアアップ後の慣らし運転中なのだが、今回は3ccUPなので前のままのMJ#105でも問題なく走ってしまう。
しかし徐々に速度アップするに当たって焼き付いてはいけないので今回はきちんとセットアップ。

まずは手持ちで最大の#110
走るには走るのだが、上り坂でかぶってしまう。

次に#108
こたらの方がGoodである、高回転はまだ試せないので濃いめかもしれない#108でしばらく走ることにした。

75ccのときは#105でもアイドリング付近でかぶっていた、もちろんジェットニードルのクリップはは一番上だった、今回の#108ではアイドリングでもかぶらないようだ。
これで高回転まで綺麗に回れば言うことなし、でもそんな簡単にはいかないかな~。

 

10月 17 2012

AF30 タクト シート張り替え

シートが破れボロボロだったのでシートカバーで延命していました、しかしスポンジも破けているので補修してなので結構大変かな~等と考えているうちに月日がたってしまいました。
一度重い腰を上げかけたのですが、手持ちのタッカーでテストしてみましたが全く歯が立ちませんでした、たぶん古いので硬化しているのでしょう、なので中止。

やっと今回重い腰を上げ張り替えました。

いきなりですが剥がしたシート生地です。

で、いきなり出来上がり。
タクト専用なのでぴったりフィットしてます。
送られて来たときの折り目が生地にまだ残っていますがそのうち目立たなくなるでしょう。

スポンジをビニール袋に入れシート生地を被せてタッカーでぱっつん、出来上がり。

今回の秘密兵器、激安エアータッカー

こいつのおかげでステープルが「バスッ」という音とともに刺さります、すごい威力です。

 

張替用シート生地 ちょっと高級品 DIO AF34/35 純正タイプ シート

 

DIO AF27 純正タイプ シート DIO AF61 純正タイプ シート

 

激安エアタッカー エアタッカー ハンドタッカー
10月 16 2012

AF30 タクト オールアルミエンジン化

前回焼き付いて以来、決定的な原因も分からずキャブのセッティングも出ずどうしようかと考えていた所、オクにて中古のアルミシリンダーを落札することが出来た。

熱的に鉄よりアルミが有利なのは当たり前、うまいことセッティングが出れば良いのだが……

結構汚かったので、パーツクリーナーで軽く洗浄後、洗剤で油汚れを落とした。
しかしこのシリンダー、ボアの部分を水で洗っても全く錆びない、安心してジャブジャブ洗える。

ボアにちょっと縦傷があったのでペーパーで補修しました。

ピストンは穴が開いているとの事だったので、アルミを溶かして補修でもと考えていたが、実物見てびっくり、大穴が開いていたので補修を断念し新品を購入しました。

ここまでの大穴、どんなセッティングで走ったらこうなるのだろうか?
角も面取されていない、ただ組んで全開、そしてデトネであろうか?
いや、ヘッド研磨で高圧縮かな~。


新品のピストンは綺麗ですね~。

これで48mmボア・75ccから49mmボア・78ccになりました。

後は慣らし後にキャブのセッティング、ビシッと決まればいいな。

 

ピストンキット ボアアップ用ヘッド アルミボアアップキット

 

Alibi3col theme by Themocracy