1 2 3 4


Category: パソコン

7月 03 2018

Windows10のスリープ復帰が異常に遅い

タイトルの通りスリープの復帰が異常に遅い、1分どころでは無い2~3分位かかっている感じだ。

なので基本的にスリープは使わないようにしていたが家族がスリープにしてしまい急ぎ使いたいときは強制電源断し立ち上げた方が早い。

当発生当初いくら調べても有効な解決策が見つからなかった。

こんな状況のまま年月が過ぎ久しぶりにググって見たところかすかな光が見えた。

DELL Inspiron 5000(Windows10)のスリープ復帰が遅い

似たような症状だし同じDELLだ。

しかし上記の場合と違うのがタスクマネージャーに「フォト」が表示されていない。

しかもフォトが動いているからスリープの復帰が遅いって意味が分からない。

でも上記の例ではうまくいっている。

どうするか考えたが、違ったら元に戻せばいいだけなので真似してみることに。

Windows Powershellを起動し「get-appxpackage *Microsoft.Windows.Photos* | remove-appxpackage」と入力して実行。

無事「フォト」が削除された。

 

しばらく使っているが普通にスリープ復帰出来るようになった。

 

しかしスリープ復帰と「フォト」の関係性が全く分からない。

我が家のようにタスクマネージャーに「フォト」が出てこない場合原因が「フォト」で有ることは気づかない。

Microsoftのバグのせいでユーザーが何故こんなに悩まなければならないのであろうか?

Linuxもディストリビューションが多すぎてどれがいいのか分からない。

Windowsに匹敵する新しいOS出ないかな~。

 

追:たまにスリープからの復帰が遅くなる現象が出ました、頻度は少ないので「フォト」は原因の一つであることで間違いは無いのですが他にも犯人がいると言うことです。

10月 20 2013

WebDAVの設定(とりあえず編)

WebDAVを使ってみたかったのでセキュリティー無しで設定。

 

/etc/httpd/conf.d/webdav.confを作成。
このフォルダ内の.confはhttpd.confにincludeされる様になっている。

#
# This is to permit URL access to WebDav.
#
Alias /webdav/ "/var/www/html/webdav/"

DAVMinTimeout 600

DAV On
Order deny,allow
Deny from all
Allow from all

– WebDAVで使用するディレクトリを新規作成 –
/var/www/html/webdav
chownでapache.apacheへ変更

apacheを再起動

ブラウザで接続確認。

あれ?Forbiddenだ、???

パーミッションを777にしたり、いろいろ試したがダメ。
グーグル先生に聞いて。

webdav.conf内のDAV Onの下にOptions Indexesを追加したらブラウザで参照できるようになった、ついでに.htaccessで設定変更できないように変更。

#
# This is to permit URL access to WebDav.
#
Alias /webdav/ "/var/www/html/webdav/"

DAVMinTimeout 600

DAV On
AllowOverride None     設定変更不可
Options Indexes        ディレクトリ内の一覧を表示する
Order deny,allow
Deny from all
Allow from all

最終確認の為にdddavをダウンロードして書き込みの確認。

あれ?書き込めない、なぜ???

apacheのログを見ると

"PUT /webdav/readme.txt HTTP/1.1" 500 534 "-" "dddav 1.3.0.0 neon/0.29.6"

500の内部エラーが出ている。

エラーログを調べてみると

The locks could not be queried for verification against a possible "If:" header.  [500, #0]
Could not open the lock database.  [500, #400]
(13)Permission denied: Could not open property database.  [500, #1]

lock database・Permission denied、ってキーワードからロックファイルが書き込めないって事だろう?

ちょっとグーグル先生に聞いてみよう。

そうすると「DavLockDBを/tmp/DavLockに変えてやる」て書いてあるのを発見、早速変更しapacheを再起動。

書き込み成功!!!

しかしDavLockDBをtmpディレクトリに変更するのはちょっと違うのではないのか?

書き込めないから書き込める所へ変更、しかもtmpディレクトリ?

気にくわないので、設定を元に戻しapacheを再起動。

書き込めなかったロックディレクトリのパーミッションを変更。
# chmod 755 /var/lib/dav 失敗、書き込めず。

なのでフルアクセスに変更。
# chmod 777 /var/lib/dav 成功!!!

やっとうまく行きました、あとはセキュリティー設定。

今回はここまで。

6月 01 2013

最近googleを使っていると勝手に文字が二重に入力されてしまう件。

最近googleを使っていると勝手に確定され、文字が二重に入力されてしまう現象が発生しています。
google入力1
「にほんごにゅうりょく」と打ち込んだら上の画像のようになりました。
次に「ぐーぐる」と入力すると下記画像のようになります。
検索結果は最上位にgoogleが表示されていますがケースバイケースで二重に入力された内容で検索される場合もあるのでぜひ修正してもらいたいものです。

google入力2

この現象はgoogle+Firefoxだけこの様な状況になるようです。
OSは関係なくWinXP・Vista・8で同じ現象を確認しましたのでgoogleが対策を講じるのが一番の早道だと思うのですが…。

とりあえず、インスタント検索を無効にすると上記現象は回避できます。
https://support.google.com/websearch/answer/186610?hl=ja&ref_topic=…

googleインスタント

上の画像のように「インスタント検索の結果は表示しない。」を選択し保存で完了。

 

5月 15 2013

Windows8でGT-8300UF(メモ)

EPSONのHPからWin8用64bitドライバをダウン
解凍しインストール
バイスマネージャを開き、ドライバーの更新をクリック
コンピュータを参照…
一覧から選択…
GT-9300UFを選択
完了

3月 20 2013

Volume のためのインストーラーを読み込めませんでした

WindowsXPの起動時に「Volume のためのインストーラーを読み込めませんでした」とエラーが出ていた。

とりあえず実害が出ていなかったのとネットで調べても有用な情報が見つからなかった為放置していた。

ある日あるソフトをインストールしようとした時WindowsにC:¥WINDOWS¥system32¥SysSetup.dllが壊れてるべ~と怒られた。

なので別PCよりコピーして来たところ、ソフトのインストールが成功したばかりか上記エラーまでもが表示されなくなっていた。

ラッキー(^o^)v

 

3月 19 2013

Windows8で突然DVDドライブ(デバイス)を認識しなくなった。

B’s Recorderをアンインストールし再起動をしたところ、突然それまで使っていたDVDが認識しなくなった。

ドライバーの更新でも最新のドライバーが入っていますと表示さてれダメ、デバイスを削除して再起動するもダメ。

仕方ないのでデバイスマネージャーよりエラーの内容から探ると、以下のエラーが出ていた。

このハードウェアのデバイス ドライバーを読み込むことができません。ドライバーが壊れているか、ドライバーがない可能性があります。 (コード 39)

上記のエラー情報を元に修復方法をGoogle先生に教わり下記を実行。

レジストリエディタを起動し、次のレジストリエントリを探してクリックします。

HKEY_LOCAL_MACHINE
¥System
¥CurrentControlSet
¥Control
¥Class
¥{4d36e965-e325-11ce-bfc1-08002be10318}

[UpperFilters]および [LowerFilters]いずれか、または両方のエントリが見つかった場合は、それらを「削除」します。

そして再起動。

無事元通り。

上記の方法、たぶんXP~8まで皆一緒のようです。

12月 20 2012

リサイクルトナーの品質

世間一般で言われているリサイクルトナーの不具合発生率というのは大体3%位らしいです、本当???

絶対嘘だ~

以前職場でNECレーザープリンター用のリサイクルトナーを購入しましたがいきなり印字がムラだらけでした、即交換となりました。
交換後は調子よかったのですがトナーを使い切る前に本体を買い換えする事になってしまいました。

現在も我が家で活躍しているEPSON LP-7100ですが、数年前に安さに負けてリサイクルトナーに手を出してしまいました。
こちらもNECのリサイクルトナーと同じくムラが出てしまっていました、こちらも即交換して頂きました。
交換後は調子よかったのですが(若干純正より画質が落ちる)あまり使っていないのに印字が薄くなってしまいました。
ドライバの設定で濃度を最大にしてごまかしてはいますがまだ薄いです。
ドラムが限界に来ているのでしょうか?
トナーをリサイクルした回数がどこかに記載されているはずなのですが見当たりません。
どちらにしても不具合発生です、なんで私だけこんなに不具合発生率が高いのでしょうか?

リサイクルトナーと純正トナー比較 PDFです拡大して見てください。
※印字した物をおんぼろスキャナーで読み込んでPDF化したのであまり綺麗ではありません。

12月 20 2012

CentOS6、GUIモードでログイン出来なくなった。

最近PulseAudioがらみのログが毎日大量に記録されている事に気付いた。

Dec 20 16:25:49 svr01 pulseaudio[16537]: core-util.c: Home directory /home/xxxxx not ours.

Dec 20 16:25:49 svr01 pulseaudio[16537]: lock-autospawn.c: autospawn ロックにアクセスできません

Dec 20 16:25:49 svr01 pulseaudio[16537]: main.c: Failed to acquire autospawn lock

上記のエラーが延々と大量にロギングされている。

サーバーなので音声は必要ないので「ソフトウェアの追加/削除」からPulseAudioと名の付く物すべてを削除した、追加で関連のファイルも大量に表示されたのだが確認するのが面倒だったのでそのまま削除。

再起動するとCentOsのロゴで止まっている、良かったテストマシンで。

修復法

起動画面(カウントダウン)でe・e・↓・e・[スペース]singleと入力、bと入力でsingleモードで起動する
vi /etc/inittab[Enter]
id:5:initdefault: の 5を3へ変更wqでviを終了。
reboot[Enter]
CUIモードで起動するので”X Window System” “GNOME Desktop Environment” “Desktop”の3つをインストールする。

yum groupinstall "X Window System" "GNOME Desktop Environment" "Desktop"

インストールが完了したらinittabを元の5へもどし、reboot

Firefoxや日本語入力のIBus等いくつかが消えていたりするので「ソフトウェアの追加/削除」から足りない物を再インストール。

これでまたGUI出来ます、ただ残念な事に必要のないPulseAudioがまたインストールされちゃっています。

あとFirefoxが英語になっています。

上記からアドオンをダウンロードし「Allow」ボタンをクリックしてインストール。

11月 25 2012

Firefox 17 で Tab Mix Plus 0.4.0.3 が使えなくなったのを復活させる(2)

前回Firefox 17 で Tab Mix Plus 0.4.0.3 が使えなくなったのを復活させるで前回書いた方法では不安定になる事が分かった。

前回の方法でなぜ上手く行くときと行かないときが有るのかが不明ではあるが調べるのも面倒なので新たな方法を発見した。

アドレスバーに「about:config」と入力して設定リストを開く

検索で「checkCompatibility」関連をを表示させる。

extensions.checkCompatibility     ユーザ設定 真偽値 false
extensions.checkCompatibility.11.0 ユーザ設定 真偽値 false
extensions.checkCompatibility.12.0 ユーザ設定 真偽値 false
extensions.checkCompatibility.13.0 ユーザ設定 真偽値 false
extensions.checkCompatibility.14.0 ユーザ設定 真偽値 false

等と出てくる

何処でもいいので右クリックし「新規作成」「真偽値」を選択し「extensions.checkCompatibility.17.0」を入力。
値はもちろん「false」にする。
extensions.checkCompatibility.17.0 ユーザ設定 真偽値 false
当該バージョンを作成した事により無効になったTab Mix Plusが再起動後有効になります。

不安定になる事もあるかも知れないので自己責任で。

11月 22 2012

Firefox 17 で Tab Mix Plus 0.4.0.3 が使えなくなったのを復活させる

バージョンアップで使えなくなったアドオンの復活方法(メモ)

ヘルプ

トラブルシューティング情報

拡張機能欄の使用不可になったアドオンの「ID」を覚える

上の方にある「フォルダを開く」をクリック

フォルダ「extensions」を開く

先ほどの「ID」を探す

「ID」がXPIに圧縮されている場合は拡張子をZIPに変更し解凍する

「ID」のフォルダを開く

そのフォルダ内に「install.rdf」があるのでエディタで開く

:maxVersion=”20.1.*” ここを適当なバージョンに書き換え、保存

 

あくまで暫定的な方法です、まねをする場合は自己責任にてお願いします。

Tab Mix Plus 0.4.0.3 成功
フォクすけといっしょ   成功

Alibi3col theme by Themocracy