1 2 3 4 27


11月 03 2018

JF06 リード100 メーターが動かなくなったので修理

リードで走っているとスピードメーターが動ていないことに気がついた。

ケーブルが外れていないかメーター裏を確認するも問題なし。

う~ん、ケーブル切れ???メンテしているのであり得ない。

メーターギアのところを外して切れていないか確認したら、やはり切れていない。

再度ギア側のケーブルを接続し、車輪を回すとメータ側が回っていない、メーターギアが犯人だ。

再度ギア側のケーブルを外し、しばし観察しているとメーターギア側のでっぱりと言うかケーブルとのかみ合う部分が折れていた。

原因が分かったのでオクにて検索、しかし残念ながらリード100用は新品しか出品されていなかった、しかも6000円ほど。

他車流用しかないので画像にて同じであろう形のを探すとスペイシー100やリード110のが同じ形のようです。

一番安かったJF19 リード110用のメータギアを落札。

 

本日取り付けです。

汚かったのできれいに掃除したのがこれです。

元のと比べると見た目同じ。

破損部分のアップ

正常品(リード110)

しかし、スペイシーとリード110は12インチホイールなのでギア比が違うかもしれないので白い樹脂のギア部分を数えてみた。

リード100のギア 17

リード110のギア 18

なるほど、では樹脂のギアをリード100用のと入れ替えて取り付け。
※今回使用したグリスはウレアグリスを使用

近所を走ってみた感じでは問題ありませんでした。

 

 

 

 

10月 21 2018

排水管のつまりを修理してみた。

かなり前から手洗い場+雨水の排水が悪く大量の水が流れると排水枡から水が溢れるようになっていた。

この枡から別の枡へ繋がっているのだが少量しか流れなかったのがとうとう流れなくなってしまった。

花壇を作ろうと穴を掘っていたのだが、丁度配水管が見えているのでちょっと脱線し排水管を掘って見た。

枡が2つあるので枡AとBとすると、枡Aから排水管掃除用具を突っ込んでみたがカツンと当たる感覚は無かった、枡Bからも同じであった。

 

さてどうしたものか?????

 

仕方ないので枡Aと枡Bとの中央付近に小さい穴をちょっと開けてみた。

 

特に問題なし。

 

次の手は。

 

穴を大きくし、そこから排水管掃除用具を突っ込んでみる。

 

すると何かに当たって進まない、やったっ場所特定。

 

特定した部分の排水管付近を掘って見ると、

 

パイプの継ぎ目が抜けてそこに根っこがいっぱい、パイプ内にも根っこが。

一生懸命で写真は撮っていないです。

根っこがぎっしりで完全に塞がっていました、棒を突っ込み頑張りましたが30センチ程度の棒ではまだ足りないようで、3mの竹を突っ込んでパイプ内を清掃しました。

抜けているパイプはどっち側にも動かないのでパイプを継ぎ足すしかありませんが、必要な長さは4センチ程度、長いのを買うのはもったいない。

パイプとパイプを繋げるやつは使えない、片側が太くなっているので×。

とりあえず穴を置けた部分で排水管を切断し抜けている部分を塩ビ用接着剤で接続。

この接続方法は塩ビ管の下で何かを燃やし柔らかくなったら棒で少し太くし柔らかいうちにパイプを突っ込む、って手法です、圧のかからない排水管ならではの手法でしょうか?

しかしパイプとパイプの隙間が6センチ強になってしまいました。

ホームセンターを数軒回り購入後修理完了。

三又の接手?3方向接続できるやつです、点検口代わりにいいなと思うのと¥200で買えたのと丁度6センチ強の隙間を埋めれたので。
上の写真は穴の上に丸く切ったプラスチック版を粘着テープで止めただけの仕様です。
ちゃんとした点検口キャップも売っていましたが値段が高かったのでこれで十分かと、どうせ土の下で見えなくなるので。

手前の深い穴が作成中の花壇です。

軽石がいっぱい出てくるのでスコップで掘れません、あ~大変。

8月 11 2018

カーポートの手抜き巨峰栽培

美味しそうです、もう少し待ってみよう。

本年度は約50房実りました、去年は140房ほど実らせ失敗したら今年は丁度いい数になりました。

房がいっぱい付くので数の調整が難しいですね。

年に殺虫剤を3~4回撒くだけの手抜き栽培です。

 

ついでに鉢植えの太秋柿。

初めて実りました、2個ですが嬉しいですね。

7月 03 2018

Windows10のスリープ復帰が異常に遅い

タイトルの通りスリープの復帰が異常に遅い、1分どころでは無い2~3分位かかっている感じだ。

なので基本的にスリープは使わないようにしていたが家族がスリープにしてしまい急ぎ使いたいときは強制電源断し立ち上げた方が早い。

当発生当初いくら調べても有効な解決策が見つからなかった。

こんな状況のまま年月が過ぎ久しぶりにググって見たところかすかな光が見えた。

DELL Inspiron 5000(Windows10)のスリープ復帰が遅い

似たような症状だし同じDELLだ。

しかし上記の場合と違うのがタスクマネージャーに「フォト」が表示されていない。

しかもフォトが動いているからスリープの復帰が遅いって意味が分からない。

でも上記の例ではうまくいっている。

どうするか考えたが、違ったら元に戻せばいいだけなので真似してみることに。

Windows Powershellを起動し「get-appxpackage *Microsoft.Windows.Photos* | remove-appxpackage」と入力して実行。

無事「フォト」が削除された。

 

しばらく使っているが普通にスリープ復帰出来るようになった。

 

しかしスリープ復帰と「フォト」の関係性が全く分からない。

我が家のようにタスクマネージャーに「フォト」が出てこない場合原因が「フォト」で有ることは気づかない。

Microsoftのバグのせいでユーザーが何故こんなに悩まなければならないのであろうか?

Linuxもディストリビューションが多すぎてどれがいいのか分からない。

Windowsに匹敵する新しいOS出ないかな~。

 

追:たまにスリープからの復帰が遅くなる現象が出ました、頻度は少ないので「フォト」は原因の一つであることで間違いは無いのですが他にも犯人がいると言うことです。

4月 29 2018

HONDA FH220 耕運機が壊れた。

放置していたら動かなくなってしまった、今までは数か月放置していても動いていたが今回ばかりは全然駄目である。

HONDAのFH220です、運搬用の車輪に付け替えています。

 

デフから?オイル漏れ?上からかもしれない。

 

なんでここらがオイルまみれなの?奥もオイルでべとべと。

悩んでも仕方ないので掃除をしながらチェック。
プラグは火花が飛んでいるOK。
ガソリンはキャブまで来ている。

ではキャブを分解してみるしかないです、おそらくどこか詰まっているのでしょう。

 

で分解したフロート室です、犯人はやはりこいつです。

 

綺麗になりました。

メインジェットも穴が見えなかったので細い針金で突きましたが通らず、反対からパーツクリーナーをシューと吹いたら何か異物が吹っ飛んでいきました。
キャブクリーナーで全部の穴を掃除し完了。

あとは元に戻しつつ掃除。

出来上がり。

農機具なのですぐに泥まみれになるのであまりきれいには掃除していませんのがこれくらい綺麗になりました。

オイル漏れは場所が分からないので様子見ですね。

4月 09 2018

米ぬかを使わないタケノコの茹で方

備忘録

水3Lに対して

  • 小麦粉 大さじ3 (先に少量の水で溶いておく)
  • 酢   大さじ3
  • 塩   大さじ2 (30g)

 

4月 07 2018

柿の受粉樹 禅寺丸

我が家には現在太秋柿が鉢植えで育てているのだが花粉が非常に多く受粉樹として最適な柿です、一緒に育ててやろうと購入。

柿 禅寺丸

まっ実家に植えてもよし、畑に植えてもよし、我が家で育ててもよしってことで現在思案中です。

 

4月 01 2018

各種ブドウの購入

現在巨峰を1本地植えで放置栽培をしているのですが、他の品種も食べてみたくなり追加購入しました。
今回ブドウの写真は無しです、なにせ土にただの棒状のものが刺さっているだけなので。

購入日    品 種 価格(抜) 割引き 購入額(込)  備考
12/29 シャインマスカット  ¥980  3割引  ¥740  挿し木苗
3/18  藤稔  ¥980  3割引  ¥740  接ぎ木苗
4/1  安芸クイーン  ¥800  3割引  ¥604  挿し木苗

藤稔は安いので挿し木苗と思って購入したら接ぎ木苗だったのでラッキー。

植え場所
シャインマスカットは鉢植え、冬までに土作りをし家の裏側下屋下へ。
藤稔はカーポート下へ地植え。
安芸クイーンは実家かな?

3月 15 2018

JF06 リード100 フロントキャリア装着

キジマのフロントキャリア(ホンダ系スクーターフロント3点固定タイプ)を取り付けました。

リード100には穴の位置が合わないとの書き込みを見ていたので、現物を合わせてみてステーをホムセンへ買いに行きチャチャっと取付。

もうちょっと大きい方が良かったかな~。

 

 

1月 14 2018

JF06 リード100 太足化 130/70-10

リード100のリアタイヤを太足化してみました。

今回はテスト的に値段の安いDURO DM1017を選んでみました。

ノーマルのサイズは100/90-10です、130/70-10とは直径が同じなので見た目以外の変化はあまりないと思います。

ってなことでサクッと交換、のつもりだったのだが太いタイヤに手間取ってしまいました。

いつもの通りタイヤレバーで嵌めていったのですがタイヤが太すぎてホイールのセンターの窪みへ落ち込んでいない。

仕方ないのでC型クランプでタイヤを潰して装着しました。

ビードを上げるために、コンプレッサーで空気を入れると全く入りません、気温が0度近くなのでC型クランプで潰した所が元に戻らず隙間が空いています。

あまりやりたくなかったのだが「爆発ビード上げ」をやって見る事にした。

動画を参考にCRCをシュー、パーツクリーナーをシューで着火するも燃えるだけで爆発する気配なし。

カセットガスを併用しているが爆発が……。

何度かやっていると一度だけぽふっと爆発した、これにより片側のみビードが上がった、その後も爆発しなかったので普通にコンプレッサーで空気を入れてみたら「ポン」とビードが上がてくれました。

リードへ装着。

バイクに装着、後ろから

エアクリBOXが接触しそうだったが問題なし。
リム幅が狭いのが良かったようです。
エアクリ、クリアランス

マフラー装着

斜め後ろから

タイヤの銘柄次第ではエアクリBOXに接触するかも?
その時はエアクリBOXにスペーサーを入れて少しずらせばOKでしょ。

これで、いい感じの見た目になりました。

タイヤを見てにやけている私がいます、これぞ2種スクって感じです。

走行距離:9822.5Km

Alibi3col theme by Themocracy